2007年05月14日

各航空会社への問合せ先

ここではスカイメイトを22歳未満に設定している主要航空会社への問合せ先を掲載します。学生であれば年齢制限無し、AirDoに倣って26歳未満にしてほしい、といった要望は以下にお願いします。
尚、問合せの際には全て自己責任でお願いします。問い合わせたことによって生じた不利益においては、当方責任を負いかねますのでご了承ください。

ANA
「ANAカスタマーデスク」0120-029-787
(平日9:00〜17:00 / 土・日・祝・12/29〜1/3を除く)
郵送:〒144-0041 東京都大田区羽田空港3−3−2
全日本空輸株式会社 CS推進室 カスタマーサポート部 行

JAL
「サービスに関するご意見・お問合せ」
郵送:140-8790 東京都品川区東品川2-4-11 JALビル
日本航空カスタマーサポートセンター行

スカイマーク
東京・浜松町本社にインフォメーションカウンターがある模様
東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエア12階
スカイマーク株式会社 インフォメーションカウンター行

実際問い合わせた方々のコメントも募集していますのでよろしくお願いします。
posted by ☆組原理主義SAKAE at 07:51| Comment(42) | TrackBack(5) | 航空会社への問合せ先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

他の分野での学割・・・5.KDDI(au)の「ガク割」

もうご存知の方も多いですが、auのオリジナル割引サービスとして学生を対象に「ガク割」を実施しています。

サービス内容
基本料金とau携帯・固定電話への通話料・Cメール送信料を50%割り引きます。
他社携帯やPHSへの通話料は20%割り引きます。
国際通話やパケット料は含まれません。

注意点
CDMA 1X専用で、CDMA 1X WINでは使用できません。

1年間の縛りがあります(1年以内に解約すると違約金が発生します)。

無料通話分も半額となります。

指定割など、CDMA 1Xプランで申し込める割引サービスの中にも併用できないサービスが存在します。これらの割引サービスがすでに適用されている場合は、「ガク割」の適用は翌月からとなり、併用できないサービスはこのとき解除されます。

学生でも、小学生やauが指定していない学校の生徒は、利用できません。

無期限くりこしおよび、家族割での無料通話分の分け合いは出来ません。

「家族割」対象回線に含めることは可能ですが、Cメール無料以外のサービスは「ガク割」利用者には適用されません。

2004年3月1日以降に契約した場合、契約期間中の解約や「ガク割」解除には契約解除料が3,150円かかります。

ガク割のサービスが受けられない状況になった(学生で無くなった場合や、CDMA 1X WIN端末へ機種変更した場合など)場合は、年割に引き継げば契約解除料はかかりません。

posted by ☆組原理主義SAKAE at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の分野での「学割」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他の分野での学割・・・4.北海道国際航空(AirDo)「DO学割」

航空運賃に関わることであり、かつこのAirDoはスカイメイトを26歳未満まで適用しているので本来はこのカテゴリーに入れるのは適切ではないですが、AirDoは他にも予約できる「DO学割」を実施しています。夏休み中は設定ありません。スカイメイトと異なり事前予約や予約済み便の変更が可能であり、学生であれば年齢制限はありません。

利用条件
条件 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条の規程による幼稚園を除く小学、中学、高校、大学、専修、各種学校等の学生および生徒、または国際学生証をお持ちの方にご利用いただけます。ご購入時および搭乗手続きの際、「学生証」、「国際学生証」のご提示、または在学証明書の提出が必要です。
※証明書のコピーは不可
予約 ご搭乗2ヶ月前の同一日9:30から当日まで可能です。
お支払期限 ご予約日を含めて4日以内にご購入ください。但し、ご搭乗3日前以降にご予約の場合は、出発時刻の20分前までにご購入ください。
変更 可。但し、航空券に記載された区間を変更することはできません。
有効期限 航空券の有効期間は発行日*および発行日の翌日から起算して90日間有効です。ただし予約済の航空券は当該予約便に限り有効です。
*チケットレスサービスでご購入の場合は、「クレジット決済された日」または「現金での払込を当社が確認した日」となります。
払戻 航空券の有効期間および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限り承ります。取消手数料について詳しくはこちらをご確認ください。また取消手数料のほかに航空券1枚につき払戻手数料420円を申し受けます。


編注:専修学校、各種学校は学校教育法第82条に規定されています


posted by ☆組原理主義SAKAE at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の分野での「学割」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他の分野での学割・・・3.スターフライヤー「スター学割」

航空運賃に関わることなので「他の分野」に入れるのは本来適切ではありませんが、スカイメイトを実施していない航空会社ですのでこちらに入れさせていただきました。

2006年に羽田〜北九州間に参入した「スターフライヤー」が「スター学割」と言う名称で学生は小児運賃と同額で乗れるという制度を実施しています。

利用条件
学校教育法(昭和22年法律第26号)第一条の規定による幼稚園を除く小学校、中学校、高等学校、大学、大学院、盲学校、聾学校、養護学校の学生および生徒・児童、学校教育法第82条ならびに第83条に定める専修学校、高等専修学校、専門学校を含む各種学校の学生および生徒、または国際学生証をお持ちの方に適用される運賃です。
必ず、航空券ご購入ならびにご搭乗時に、学生証、生徒証、在学証明書もしくは国際学生証をご提示ください。(コピー不可)

ご予約
ご搭乗日2カ月前(午前9:30)から出発日当日まで受け付けます。

購入期限
航空券はご予約日を含めて4日以内にご購入ください。
ただし、3日前以降当日までのご予約の場合は、出発時刻の20分前までにご購入ください。

変更
ご予約の変更はできません。
ご出発の当日、前便に空席がある場合でも便の変更はできません。

払い戻し
出発時刻までにお取り消しした場合、航空券1枚につき払戻手数料(420円)および取消手数料(3,000円)がかかります。
出発時刻までにお取り消しがなかった場合、航空券1枚につき払戻手数料(420円)および取消手数料(6,000円)がかかります。
詳細は航空券払い戻しのご案内をご覧ください。

座席制限
座席数には便ごとに限りがあります。
また、便によっては設定がない場合がございます。

STAR LINK積算マイル
267マイル

※ 航空券ご購入ならびにご搭乗時に、学生証、生徒証、在学証明書もしくは国際学生証をご提示ください。



posted by ☆組原理主義SAKAE at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の分野での「学割」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他の分野での学割・・・2.高速バス編

格安運賃で朝から行動できると言うことで学生などに人気がある夜行高速バスですが、この分野にも「学割」が存在します。

有名なのはJR東海バスが運行する「ドリームなごや号」、「ドリームとよた号」やJRバス関東が他社と共同運行する
・ドリーム大阪号
・ドリーム京都号
・ドリーム奈良号
・ドリーム神戸号
・ドリームなんば・堺号
・ドリーム和歌山号
・ドリーム高松・松山号
・ドリーム高知号
・レディースドリーム大阪号
・レディースドリーム京都号
・ニュードリーム名古屋号
・ニュードリーム大阪号
・ニュードリーム京都号
・ニュードリーム神戸号
・らくちん号
・中央ライナー号
・もみじ号
・南アルプス号

です。いずれも普通運賃の2割引(10円未満は四捨五入)になります。購入については
JRバス関東の窓口(東京駅、新宿駅)、バス車内及びJRバス窓口でお求めの場合
----学生証(生徒手帳)を係員へ提示してください
JR駅や旅行会社のみどりの窓口でお求めの場合
----学校で発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」(鉄道と共通)に必要事項を記入し、購入の際に提出してください。また、往復を同時にお求めになった場合、1枚の割引証で往復乗車券を購入できます。


その他JRが関わっていないバス会社が運行する高速バスでも学生割引を実施している路線がありますが、詳細は申し訳ございませんが検索してください(沢山ありすぎて把握できないので)
posted by ☆組原理主義SAKAE at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 他の分野での「学割」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他の分野での学割・・・1.JRグループの「学生割引乗車券」

まず一番有名な学割と言えばJRグループが出している「学生割引乗車券」です(リンク先はJR東日本のサイト)。

案内では
● JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒の方で、ご利用区間(鉄道線と航路を含む)の片道の営業キロが101キロ以上ある場合、運賃が2割引になります(往復割引乗車券についても学生割引が適用になります)。

● 乗車券などをお求めの場合は、学校が発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」を窓口ヘお出しください。

● 学生割引は普通乗車券のほか、周遊きっぷなどの一部のトクトクきっぷにもあります。

● 10円未満のは数は切り捨てます。

とあります。あくまで乗車券のみの割引で、特急券や指定席券などは割引されません。また、JRグループの他営業キロが101km以上ある東武鉄道名古屋鉄道近畿日本鉄道でも適用されます。

ちなみに列車のみではなく、一部の夜行高速バスでも適用されます。(例:ドリーム京都号、ドリーム大阪号。これに関しては後述)

posted by ☆組原理主義SAKAE at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の分野での「学割」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイメイトとは

スカイメイトは、日本の航空会社の国内線普通旅客運賃がおよそ半額程度になる割引制度(旧称:青少年割引運賃)および、その割引を受ける為に一部会社で必要だった会員制度について指します。

日本ではANAとJALの大手二社と、新興航空会社である北海道国際航空(AirDo)、スカイマーク(SKY)が実施しています。対象年齢は満12歳以上(に達した小学6年生を含む)から22歳未満まで。但し北海道国際航空のみ26歳未満までとなっている。 なお、年齢制限による割引であるので、厳密には学生割引ではありません。

当日、空港で残席がある場合に限り、その日に適用される普通運賃の48%前後割引される制度です。(夏・冬・春休みおよびゴールデンウィーク期間などの多客期は35%程度、ローカル路線では採算性の関係上、通年で割引率が35%程度に設定されているものもあります。)

以前は購入に「スカイメイト会員証」が必要で、利用にはあらかじめ、航空会社直営のカウンターで入会金(1000円程度)と証明写真を添えて、【年齢の確認できるもの(健康保険証・パスポートのような公的書類のほか、学生証・生徒手帳等でも可)】を提示の上、「スカイメイト会員証」の発行を受ける必要がありました。大手2社が近年発行していた会員証は磁気カードとなっています。
「スカイメイト会員証」はSKY以外の各航空会社共通で使用可能でしたが、発行から22歳に達する迄の最長5年間の有効期限が設けられ、有効期限満了時に22歳未満でスカイメイトの利用を継続する場合は、あらためて発行手続きを行う必要がありました。

しかしながら2006年9月末をもって大手2社では発行を終了しています。
そのため2006年10月から大手2社は、スカイメイト会員証の代わりに搭乗者本人名義のマイレージカードの提示だけでスカイメイト運賃の購入が可能になった。但し、マイレージ会員情報に年齢(生年月日)が登録されていない場合は、【年齢を確認できるもの】の提示も必要です。

新規航空会社では、以前から【年齢を確認できるもの】だけで購入することが可能です。(AirDoは他社スカイメイト会員証の提示でも可)

購入方法は出発当日に空港の航空会社直営の購入カウンターに出向いて、搭乗便に空席がある場合に購入とチェックイン手続を行うのが一般的です。但しSKYは当日でも搭乗予定便のチェックイン開始後にならないと購入が出来ません。
購入・チェックインどちらかの手続時に、大手2社はマイレージカードと(所持していれば)スカイメイト会員証、新興航空会社は年齢を確認できるものの提示が必要です。

磁気カード式のスカイメイト会員証がある場合は、会員証発行航空会社の「航空券自動販売機」での航空券購入・(当日予約)・発券に対応している。スカイメイト会員証以外のマイレージカードでも会員情報から年齢を読み取り、利用出来るよう主要空港で改修されているが、スカイメイト会員証のみ対応の機種が依然多いため、この場合カウンターに出向く必要があります。

満席であれば空席待ちをするか、空席の他便へ変更せざるを得なくなる。キャンセル待ちを行う場合でも、大手2社の場合、マイレージ上級会員向けのキャンセル待ちが優先されるため、座席確保が非常に困難な場合があります。

従来、日本の国内便は割引制度が乏しかった事から、格安で搭乗できる制度として、主に高校生、大学生の旅行に重宝されてきましたが、近年では新規事業者の参入とそれに伴う価格競争により、運賃の低廉化や割引制度の拡充が進み、予約不可という重大な制約のあるスカイメイトの利用価値は薄れつつあります。又、各社が多様な事前購入割引運賃を設定し、搭乗率の引き上げを実現したため満席便が増え、路線によっては一般の空席待ちすら困難な状況となっており、特に多客期においてはスカイメイトは、現実に使える制度ではなくなりつつあるのも事実であります。
ただ、路線によっては利用価値がありますし、就職活動中の学生の需要も未だにあります。就職活動中の学生は22歳になってしまうとこの制度が使えなくなります。皆「不便だ」と嘆いています。

スカイメイトが登場した1966年はまだ高校生の就職率が高かった頃でした。しかし現在は進学率が高く、22歳以上で学生している人は珍しくありません。他社との差別化をはかる為AirDoのみ25歳までスカイメイトが使えるようになっています(但しAirDoはANAとコードシェアしている関係上、AirDo便名で購入しないと25歳までスカイメイトで買うことが出来ません)。
posted by ☆組原理主義SAKAE at 06:57| Comment(0) | TrackBack(1) | スカイメイト制度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログについて

このスカイメイトが制定された1966年から12歳以上22歳未満となっていますが、この当時は高校卒業して就職する人も多かったと予測されます。しかし40年以上経った現在全く違います。大学生で22歳は当たり前ですし、中には留年、再入学で22歳以上で学生をしている人もいます。年齢制限を唯一AirDoでやってるみたいに26歳未満まで引き上げるか、22歳以上の学生であれば学生証があれば年齢制限無し、ってやって欲しいと思うんですが、皆さんの意見により航空会社に要望を出そうと思っています。よろしくお願いいたします。

ちなみに管理人は20代後半、放送大学(全科履修生)学生です。
posted by ☆組原理主義SAKAE at 06:10| Comment(8) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。